昨日ですが千葉ロッテの監督に今年限りで引退した井口さんに決まったが背番号が現役と同じ「6」となりましたが最近は大きな背番号をつける監督が少なくなったと思う。

昔は引退して一旦は外で野球を見つめ直して解説者をしてから監督やコーチなど就任をしていましたがこの時は大きな背番号をつけている。

しかし、現場復帰をしても現役時代の背番号をつける人が多くなったと言うがファンにとっては懐かしいと思っている人もいますが今の選手に譲ってもいいのではと思う不安もいる事で複雑になる人がいるかも知れない。

有名な話となると長島茂雄さんは現役時代の背番号を永久欠番にして最初の監督時代を「90」にしたと言うが監督復帰してから背番号をゾロ目にして「33」にしてからは長期政権して日本一に輝いた。

川上哲治さんも選手を引退しても背番号は変えなかった事で黄金期と言われた日本一を9回を制しまして退任する時には背番号16を永久欠番にしたと言う。

また、王貞治さんも巨人時代の背番号は永久欠番ですか現役引退してからも監督までつけていたがダイエーホークス(現在のソフトバンクホークス)に復帰する時に大きな背番号にしたが語呂合わせで野球と言う意味で「89」にしたと言うがこれが効果あったのか日本一に輝いたり初代侍ジャパンの監督を務めるまで巨人監督時代にはなかった輝きが出たと言う。

ファームでもこの様な事があって今年限りで阪神二軍監督を退任した掛布さんの背番号も現役時代の背番号「31」をつけたと言うがここでもファンが駆けつけたと言う事でフィーバーが起きた。

ここ数年は育成選手の契約をしている人もいる事で3桁の背番号をしている選手もいるのでここまで増えているとこうした事もいるかも知れないと思う。
選手時代の背番号をこだわっているのは想いもあったかもしれないがこれが上手くいくのかどうなのかは腕が試される時だと思っているかもしれないのです。脱毛ラボ 全身脱毛 総額