この暑い時期、妊婦さんや、赤ちゃん連れを見ると、気になります。
どうかお大事に、頑張って!でも、ゆっくり適当でも大丈夫よ。などなど、気付けば余計なお世話的な”心メッセージ”を送っています。
多分、お互いに会話しないのは勿論のことなので、相手は私の一方的な心メッセージには気づかないでしょう。
でも、いいのです。
私自身の過去についても思い出し、大変だったな〜、とか、それなりに頑張ったよね〜、と一人納得&確認の作業でもあるのです。
きっと、脳内で都合よく記憶が塗り替えられるのでしょう。ここで自分の行動を肯定的に捉えることで、今後の自分へのエールを送ってるつもりなのです。
こういうこと考えるようになったら、益々おばさんになってきた証拠ですね。
だって、子供や若い子は、未来しか見てないですもん、基本的に。それはそれで、素敵ですね、羨ましいです。
今日も我が家の小学生たちは、習い事のスイミングに出かけました。
ちょっとずつですが、上達してクラスも上がってきていて嬉しいようです。
彼らも、ほんのちょっと前までは、小さな赤ちゃんだったんですよね。