カメラに興味を持ち始めたのは何年も前ですが、フィルムカメラの世界を知ったのはここ最近です。何事も便利になる世の中で、フィルムカメラは消えるべき存在なのでしょうが、今でも多くの人に愛されています。その理由を知りたくて、ある時、ネットオークションでカメラを探す事にしました。名機と呼ばれる機種は今でもプレミアムな価格がつけられており、中々手が出そうにありません。そんな中で目を引いたのが、PENTAX67という機種。あのアラーキーさんが使用するカメラとして有名ですが、その大きさや重さから、「バケペン」要するにバケモノみたいなペンタックスと言う愛称で呼ばれていたものです。お値段は他のカメラに比べてそこまで高くありません。購入を決めて、程なく落札しました。出品者はどうやら老舗のカメラ屋さんのようで、「大切に使って下さいね」と言う言葉を頂きました。
数日後、カメラが届きました。真っ黒の男らしいボディーに、木製のグリップがなんともかっこいい。暫くはこのカメラをぶら下げて色々な場所で写真をとりました。
ある時、紅葉間近のお寺で写真を撮っていたところ、年配の方が近寄って話しかけられてきました。
「ペンタのロクナナですね?懐かしい」
その方は、若い頃このカメラが欲しくて欲しくてたまらなかったらしくて、結局買えずにいたそうです。中古で買ったと言う事を伝えると、「このカメラには前に所有していた人の情熱が込められているのだから、大切にしなさい」と言って頂きました。
これからも相棒として、一緒に人生を歩んでいこうと思います。キレイモ回数