12月は昔からの言い方で、師走と言いますよね。
語源としては、師匠の僧がお経をあげるために東西に馳せることから、「師馳す」から字が変化し「師走」となったという説が有力ではありますが、他にも説があることを知っていますか?
その他の説としては、いくつかの説があります。
1.12月は一年の終わりなので、年が果てるということから「年果つ(としはつ)」が変化したものであるという説。
2.四季の果てる季節と言うことで「四極(しはつ)」が語源とする説。
3.一年の最後になし終えるということから「為果つ(しはつ)」が語源とする説。
いろいろな説がありますが、正確な語源は分かっていません。
どのような語源であろうとも12月・師走は一年の終わりでバタバタしているのではないでしょうか?
お正月に家族や親戚が集まり睦み合う(互いに親しみあう・仲良くする)月であることが有力な語源である睦月(=1月)を無事迎えれるように、残り数日間の師走をしっかりとしたいですね。脱毛ラボ もみあげ